2007年03月31日

初めての!老人ホーム訪問

g115.jpg仕事やら用事を済ませた近所に、レッドさんの伯母さんが居る老人ホームがあるので、訪問することに。






しばらく会っていなかったので、近くに来ているこの機会を逃さずにご挨拶に行こう!
と着いた後

ガウディをどうしよう・・・・がく〜(落胆した顔)

とりあえず、レッドさんが伯母さんに会いに行った。
その間、私とガウディは待機・・・
おとなしく座っていられない私達はホームの前を散歩。
向かいの家のデッキには、ベンチに座った老夫婦とワンコが居、てこっちを見ている。

コーギーかな?
ワンワン吠え始めたので、ガウディが気が付き
”遊ぶの〜”モードにスイッチが!
”ワンコさんに、ご挨拶していいですか?”
”もちろん!”
このコーギー君、家の前に壁があるわけじゃないけど、敷地内からは出ない。
だから、もうちょっと中に入って・・・とおじいさん。
そういうしつけが出来るのか?それとも、
目に見えないフェンス使っているのかな?
※目に見えないフェンス・・・とうとう、Doo-lee-doo狂った?
ではなくて、電波か何かを出して貼る犬用のフェンスです顔(笑)

ガウディは既にボクシング遊びを開始していて、コーギー君は吠えながら逃げている・・・犬(泣)
「フレンチ・プードルかい?」
「ラブラドゥードルです」
「お〜〜、新しい犬ねぇ。聞いてはいたけど初めて見たよ〜」
なんて会話をしていると、レッドさんが叫んで私たちを呼んでいたのでHello

他のホームへ行った事は無いので分からないけど、ここは、出入りする際に暗証番号を押してロックを解除する。入居者が誤って外に出てしまわないためと、不審者侵入防止の為。(わざわざ説明するまでないですね顔(イヒヒ)
伯母さんの提案で、ガウディを庭側に入れて繋ぐ事にした。

わーい(嬉しい顔)ガウディ、すぐ戻るから待っててね〜!
1-e.gif え〜、置いて行くの〜!? ま、頑張ってみるよっ。

伯母さんの所へ行き、2〜3分。
ガウディはおとなしい。・・・その調子で頑張って!

夕食間近だったので、皆リビング兼ダイニングに集まっている。
車椅子に座りおしゃべりを楽しんでいる人、編み物をしている人。
それぞれの時間を楽しんでいる。

家族や友達の訪問は、ホームで暮らす人達にとって喜びであって、皆への自慢(?)でもあるみたい。
私達は皆に紹介されて、レッドさんは子供の頃の思い出話を暴露されていた顔(イヒヒ)

「パピーに会ってみようかしら」と伯母さん。
外へ行き撫でてあげ、再び室内へ。

1-e.gifちょっと、待ってよ〜!迎えに来てくれたんじゃないの〜!ワンワンワン。
1-e.gifワンワンワンワンワン。・・・・・・ワンワン。ワンワン。

そろそろ出たほうがいいかな・・・って思っていたら
「パピーは小さいの?すご〜く、すご〜く小さいの?だったら中に連れて来ちゃいなさいよ」
と、院長さん。
レッドさんはこのくらいと手でガウディの背の高さを表してから、ガウディを抱っこして連れてきた。

「え〜〜!?大きいじゃない〜! ま、いっか」
という許可を頂き、ガウディは私の足元で待機する事になった。
この日、カメラを持っていなかったので記録は無いのでだけど、上の画像(床屋で待っている図)のように、私のイスの下でベタ〜〜〜〜〜と寝転んでおとなしくしていました。

みんなの話題がガウディで持ちきり!
羊みたいな犬ねぇ〜から始まり、
みんなそれぞれの輪で、
ここに来る前は犬を飼っていた?
牧場で飼っていたXXXって名前の犬はxxxxxで・・・
など、思い出話や、シープドッグの自慢話などなど。

話しながらガウディを見つめている目は、自然と笑顔の垂れ目になっている。
ハートたち(複数ハート)ハートがいっぱい。
それに、いつもと違う話題で、脳の活性にもなっているのではないかな。

ガウディは特別なトレーニングを受けているわけではないので、こっちから皆を巡回する事はしなかった。
でも、これがテレビや雑誌で見たアニマルセラピー?
私はいつもガウディに癒されている。
この日は、ガウディに人が癒されている所を客観的に見る事が出来た。目


写真無しでいろいろ説明しようとすると、文がダラダラ長くなりますね猫(笑)
読んで頂きありがとうございます2-e.gif

ラブラドゥードルと犬初心者のブログ
ガウディ The ラブラDooドル

にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
上上上ポチっとよろしくねん1-e.gif


banner_02.gif
上上上こっちもよろしくねん1-e.gif

ニックネーム Dood-lee-doo at 00:00| Comment(2) | 初めて/デビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガウディ君のようなわんこは、きっとセラピードックとしてはピッタリの犬種なんでしょうね〜。
毛も抜けないし、人が大好きだし、誰にでも友好的ですもんね〜。
ホント、お利口さんですね。

私も、犬のトレーニングを勉強した専門学校時代に、一度だけ犬と一緒に老人ホーム訪問をしたことがあるんですよ。
初めての経験で、学生たちは緊張してたんですけど、犬がいると空気が和みますね〜。
昔飼っていた犬の話とか聞いて、私までウルウルしちゃいましたよ。
病気で入院してたら、昔飼っていた(もう死んじゃった)犬が枕元に来てくれた・・・とか言うんですもん。
その時のこと、また思い出しました。

うちのガウエボは、他人を見たらまず警戒するから、他人は癒せないけど、家族はしっかり癒されています揺れるハート
Posted by こぐま at 2007年04月05日 14:18
犬トレーニングの学校では、そういうのも含まれているのですね。
昔飼っていた犬の話とか・・・ウルウルきますよねぇ犬(泣)
おばあちゃん達の時代と今ではきっと飼い方とか違ったのでしょうね。
でも犬への愛情は今の時代と同じなんですねハートたち(複数ハート)
枕元まできてくれるほど!!!
こぐまさん、素敵な経験をされましたね。

ガウエボ君がくまさんを癒している図揺れるハート拝見しました!
(添い寝)
警戒するのはスキッパーキの性質なの?
飼い主を守ろうと小さい体で頑張っているのかな犬(笑)
Posted by Dood-lee-doo at 2007年04月05日 19:11