2006年12月06日

ブーマーがやってくる!ガウディとひとつ屋根の下。

g53.jpg

突然“ブーマー”が、やってくる事になった。
ブーマー、ブーマー父(ネオンさん)、4歳の男の子(オレンジ君)。
-----
ガウディが家の子になって一週間後にブーマーの家に行った時・・・・
ガウディは今の半分くらいの大きさで、何もかもが新しい経験、おどおどしていた。
きっとブーマーが遊んでくれるだろう・・・なんて、甘い考えで会わせてみると・・・
ブーマーは始終ピリピリ・ムードで、歯を見せてガウディを追い払おうとする。
ガウディは顔を見て逃げる。
今にもガウディや私を噛みそうな目つきと歩き方・・・怖かった。
----
こんな事があったので、ちょっと心配だったんだけど、ブーマーが来ると、ガウディは“しっぽ、しっぽ”と追いかけ始め、ブーマーは知らん顔で庭を徘徊。
ガウディの晩御飯の時間。
ブーマーはもう食べたっていうことだったんだけど、
ネオンさんが
“2頭とも呼んでご飯を出して。ボス面するのに食べたフリをするかもしれないから”・・・納得。
お皿を出すと、ブーマー、素早く食い付きぺロッと完食。
まさかこんな事になると思ってもいなかったガウディは
“え〜!?何で?ブーマーが僕のご飯食べちゃったよ〜!何とか言ってやって!”
と私の所に来て目で訴えている。
ごめんね、ガウディ。今ここでガウディにご飯を手渡せないんだよ。。。
もうブーマーは食べないだろう・・・と2皿、3皿目・・・・ブーマー、完食。
食べたフリどころか、本気で食べてるよ。。。。どうする?
ガウディがお皿に近づくと、睨み付けて歯をむき出し“シュ〜〜〜〜〜〜”っと声(音?)をだして威圧している。
その威圧、ガウディは・・・・気づいていない。
怖がっていない・・・。ご飯しか見ていない。だからブーマーは食べ続けてるのかなぁ。
ネオンさんに状況を話したら、ブーマーを外に出してくれた。
見えなくなってからガウディにご飯。
ブーマーのプライドは保たれた。よね?
来客に大興奮のガウディ。寝る間際まで、ずっと跳ね回っていた。


ラブラドゥードルと犬初心者のブログ
ガウディ The ラブラDooドル
banner_02.gif

ニックネーム Dood-lee-doo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Dood-lee-dooの学び・観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/644683

この記事へのトラックバック