2006年11月06日

パピー教室 1 <Down伏せ 方法2>とメモ。

Downのもう一つの方法。
1.座った状態のPuppyの鼻先にトリーツを持って行く。
2.クンクン嗅いできたら、トリーツ床を動かし、手の後を追わせる。
※L字を描くように!鼻から床に下ろし、その後床をなぞるように。
3.伏せの姿勢になったら“Down!”と言ってトリーツをあげながら、体を撫でてあげる。
Poit*トリーツを持った手を動かす時に、鼻とトリーツはセット。
   鼻から離れないように。

それでもって、どのコマンドも繰り返し、根気良く練習する事が大切で、なが〜い練習を1日1回するより、短い時間を1日数回する方がPuppyが集中できて良いそうです。
※例えば、Sitを1度に20回ではなく、4回挑戦を1日5回=計20回など。

上手くいかない時・・・・
1.がっかり顔を見せない
2.トリーツをあげない
3.体を撫でない
・・・・要は、上手く出来なかった直後は何もしない???
・・・で、やり直し。
あ、そうでした、記述し忘れていました。
上手く出来てトリーツ&体を撫でてあげる時にはHappyボイスも一緒に!
英語の場合だと「Good Boy」や「Good Girl」って言ったりするんだけど、日本語なら「よいこ」かな・・・?
大きい笑顔と嬉しさいっぱいの声で!
・・・・これだと、人間が自分自身でセラピー(スマイルセラピー)できそうだね!
一石二鳥!

ラブラドゥードルと犬初心者のブログ
ガウディ The ラブラDooドル
banner_02.gif

ニックネーム Dood-lee-doo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動、しつけ・トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/597144

この記事へのトラックバック