2006年10月19日

初めての!ミニ留守番

g15.jpg
一時間ほど、ガウディに留守番をしてもらった。
おもちゃを置いてキッチンの戸を閉めた。遊びに夢中で、特に私とレッドさんに気を取られるようなことはなかった。
こっちを向いても(向いたと思う^_^)目を合わせず、そのまま外へ出る準備をして玄関を閉めた。
クゥンクゥン泣き声も聞こえないから平気だな。

リーシュやハーネスを買いに。それから、おやつも。
首輪とハーネス、どちらが良いのか分からないけど、引っ張ってしまった時に首が絞まるという感じが何となく嫌だったので、ハーネスにした。
実際のところはどうなのだろう。
リーシュは幅広のものを買った。ゆっくりとお茶をしてから帰宅。
特に大げさな「ただいま〜」などせず、別の部屋からやって来た普通の素振りでドアを開けて家に入った。
実はこれも、家を出る時の態度も事前学習の実践(このブログで何度も出てますがDog Whisperer
いってきます、ただいまが大げさな儀式になると、その時興奮でジャンプしまくり、飛び出しなどに繋がる可能性があるってことだそう。
でもでも、意識しすぎて、異様にテンション低く帰ってきたかも。顔(ペロッ)

ハーネスをつけてみた。ガウディは、抵抗せずにつけさせてくれる。
ガウディ引き取りの前日、首輪慣れさせる為の柔らかい首輪を作っておいた。それを初日、家についてから着けたのだけど、そのときもおとなしくつけさせてくれた。この首輪はベルト穴もないし、リーシュを繋ぐリングもない。言ってみれば、ただのリボンのようなもの。お手製だしね〜(^_^)
リーシュを使ったトイレのトレーニングの方法が書かれていて、それを実践してみるためにも、しっかりした作りでリング付が必要だった。
ガウディも慣れないながらも、ちょっとウキウキしている様だから、散歩してみることに。
さあ、郵便局へ! 
暑い日。。。。
大人の足で20分かかる道。。。。
ガウディの体は大きいから、つい8週間のPuppyだという事を忘れてしまう。。。。
そんなわけで、行き道ルンルンのガウディも帰りはベタン
・・・地面に張り付いてしまい、ハンモック・スリングのお世話になり帰宅。
ごめんね、ガウディ〜〜〜〜〜〜!!!!
だけど、4kg担いでの散歩は、私には丁度良いエクササイズだったかも!?
バタン・・・・キッチンの床にへばり付いたガウディは3時間以上のスーパーナップへと。。。

exclamationトイレのトレーニング・・・・(外編です)
寝起きにトイレに行くその時を狙い、庭へ連れて行く。
リーシュで繋いで私はトーテムポールのように、動かず立ったまま。
ガウディがクンクン匂いを嗅いで、weeをはじめたらトイレ用の号令をかけて上げて、「用を足す=その号令」とヒモつける。アンド、トイレの場所を覚えてもらうというもの。
ネットなどで調べると、「ワン・ツー」とかが良い(たんなる推薦)と。人前で言って恥ずかしくないのが良いよねってこと。
家は「うんち」になりました(苦笑)一応英語圏在住なので、他の人にはわからない、でも私たちにとっては全くの暗号ではない。レッドさんは英語の人だけど、日本の託児所で仕事をしていたから、幼児言葉のような可愛い(ププッ)日本語OKなのです。
というわけで、彼のリクエストでそうなりました (_ _)
“あの”コットが役立った!夜ゴソゴソ音がして、あ!起きた!っての分かったから、とりあえず外へ。始めは何、なに、ナニ〜!?ってガウディ。
朝も同じ様に。すり抜け脱走で、どこかにトイレしちゃうかなぁって思っていたんだけど、それはなかった。
いいぞ、ガウディ!
・・・・私の為に、頑張って〜〜(犬オーナーなら分かるこの哀願!)


ラブラドゥードルと初心者オーナーのブログ
ガウディ The ラブラDooドル
banner_02.gif

ニックネーム Dood-lee-doo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 初めて/デビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/546584

この記事へのトラックバック