2006年10月13日

ガウディが家にやってくる!(2)

さてさて、帰宅です。車で1時間半ほど掛かります。
私は「あ〜、車酔いとか大丈夫かな。ダンボールに入れて暗くしてあげた方が落ち着くよね?」と、ダンボールを2つ(大きさが不明だったので)と中に敷いてあげようと、バスタオルを持って来ていた。
初犬なので、経験というよりも見た、読んだ一般情報を元に行動をしてみようとする私。
車に乗ったガウディは落ち着かない。箱に入れようとすると抵抗する。
グレイさんは「箱要らないよ。バスタオルを膝に乗せて抱っこしてあげな」と。
Puppyを抱っこした事がない私は本当におっかなびっくりな抱き方で、ガウディは不安だったはず。でもバスタオルはフレキシブルな床となり、足を踏み外す隙間はカバーされる。
そして体温を感じることが出来るのというのも少なからずとも良かったのかな?
途中、レッドさんが「ねぇ、シーフード買って帰ろうよ」と高速を降りた。
「ガウディ平気なのかな?早く家に帰った方が良いんじゃない?」
「膝の上で気持ち良さそうにしているから、大丈夫だよ。」
約30分後再び高速道路へ。
ようやく家に。ボールに水を張って場所を教えた。今日は格別に暑い!昨日が初春だとすれば、今日は真夏。ガウディはガブガブ水を飲んだ後、徘徊を始めた。
初めはゆっくり歩き、その後軽くジョギングのように。時々Wee(おしっこ)をしながら。
この辺りは情報通りでパニックにならない私。
g5.jpg
水のボールにあごをかけ水の冷たさを楽しんでいるガウディ。溺れないよね?
レッドさんは庭掃除に。私は室内。ガウディは私の後を追ってくる。最近越してきた家は広めなので私は子供の様に家の中を歩き回る。ガウディは私の通った道筋を追う。S字でも、Uターンでもその通りについてくる。
産まれてからサークル内で生活をしていたからか、歩く、走るスピード調整が上手くいかないようだ。私の足に絡まって転んだり、早すぎて自分の足がもつれて転んだり。
床では滑って止まれない。盗塁スライディング!・・・目を離せない。それがまた可愛い!
しばらくすると、バスルームのタイルで眠っているガウディ。この暑さの中で、ヒンヤリと冷たい場所をついに発見したんだね。
2時間くらい寝たあと、行動開始。そして今度は・・・・・Poo。
g8.jpg

数週間前、ショッピングセンターの特設売り場でDog WhispererというDVDを手に取った。破格値で売られていたので、“とりあえず”買って、直後に数回見た。
その中の「Sit」「Leave it(離す)」を声だけで試し始めてみることにした。
DVDの中では号令毎に「こうやって・・・」と具体的な方法が説明されていた。
ガウディはまだ落ち着いていないから、開始できるのかな?と私に不安があり、トレーニング全体の補足の部分で説明されていた部分を“なんとなく”触れさせてみよう。
トレーニングの時間以外でも、ふとした時に自分(私)が望む行動をしたら掛け声をし、そして褒める。こういう事で犬の中で号令と行動が一つになるらしい。お座りはこの方法で実践開始してみよう。
なかなかお座りの体勢にならないな・・・・
私が張り切りすぎかな、なんて思っていると座った!
・・・Sit! そして 体を摩りながら褒める。
こんな感じで良いのかな?
寝るまでの間に何度かチャンスがあった。本当に分かっているのかな?
ま、Sitっていう言葉の存在を耳にしているからいいのかな。
「Leave it」はコードを噛んでいる時に声を掛け、コードから口を離すよう手伝う。離れたら褒めてあげる。これも数回やってみた。効果はまだ分からない。

初めの3〜7日くらいは夜鳴きをするよ、鳴いても手出しをしないように。
とネットや友人から情報を得ていた。
予めアナログの時計をタオルに巻いてベッドにおいてあげると良いということだ。
・・・・ガーン、時計が無い・・・・
ガウディは自分のベッドに横たわり寝ている。そのまま時計無しで一晩寝てもらおう。
手出しをするつもりはないが、気になったので私は夜遅くまで起きていた。(別の部屋でね)
泣き声は聞こえてこなかった。よく遊んで疲れているのかな。
g10.gif
食後、寝起きに排泄するよと聞いていた。たしかに昼寝から起きた後に排泄していたなぁ。
ということは、朝、Weeの掃除から一日が始まるのか…
そんな事を苦に感じさせないガウディの寝顔なのであります。
g9.jpg

ニックネーム Dood-lee-doo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/510832

この記事へのトラックバック